凛とした和のたたずまい

射水市

和の心を大切にし、凛と佇む末広がりの家。

  • 末広がりに広がる瓦屋根。銀色に輝くそれは、蒼く澄んだ空をキャンパスにして蒼く色づく・・・

  • 和の趣を大切にし、使い勝手がよくプライバシーを確保出来る家。
    それがこの家に掲げられた家作りのコンセプト。

  • 雨の日でも、濡れずに玄関までつながるインナーガレージに
    低く抑えられた屋根。格子を設けることによって和のたたずまいを感じさせながら、プライバシーも確保します。

  • 長く繋がるアプローチ。一見無駄にも思えるこの空間がこの建物の顔となります。

  • 中庭に面したLDK。コの字型に配する事でプライバシーを確保しながら、庭を楽しむ事ができる様、工夫しています。

  • オリジナルのダイニングテーブル。天板の木の質感と鉄で出来た脚の重厚感。
    建物とデザインを合わせる事で、より一体感が生まれます。

  • 隣家の緑を借景することで、メンテナンスの掛からない庭を楽しむ事もできます。

  • 既製品のキッチンやカップボードと、オリジナルの造作カキッチンカウンター収納。
    扉の素材やデザインを合わせる事で、価格を抑えながらも質のよいものを作ることができます。

  • 庭から眺めたLDK。左手側が玄関、和室になります。

  • 庭に面した角面に窓を設け、障子を樹脂サッシと合わせることで
    より一体感を作る事が出来ます。