ネイティブアメリカンな家

高岡市

  • 南に面した角地に立つ家。お施主様からの要望は、
    リビングが広いネイティブアメリカンテイストが
    似合うかっこいい家にして欲しいでした。

    外観面は正面からの外観と、道路側からの外観。
    二面をそれぞれ別の顔として、車で家に帰る際に、
    自分の家を見ながら「俺んち、かっこいい!!」
    と思ってもらえる様工夫しました。

  • 写真では分かりにくいですが、カーポートから雨に濡れずに
    玄関まで行ける様になっています。
    板壁は米杉貼り。雨に直接掛からぬ様軒下に設けています。

  • 下足収納の上に一枚板の天板を設けています。

  • 壁掛け時計と家具はお施主様セレクト。
    ネイティブアメリカンテイストにピタッと合った空間に
    仕上がりました。

  • 家具を一つのメーカーで揃える事で
    それぞれが主張しない同調した組み合わせになります。

  • 南面の大きな開口が、デッキへと繋がります。

  • 米田木材オリジナルの板壁です。
    アンティークな家具やスピーカーがぴったりな
    テイストに仕上がりました。
    この空間に見事に合ったスピーカー!既製品化と思いきや
    ご主人自ら徹夜で作り上げたスピーカーでした!

    手作業で削りだされた本体のなんとも言えない味わいが
    この世に一つしかない物を作り出されていてびっくり!
    手作業が作り出すものには特別な感情が沸きあがります涙

  • このカメラも、スマホケースもお施主様の物。
    小物一つ一つに対するこだわりが広がって
    一つの家となっています。

  • 米田木材オリジナルの造作洗面台。
    雑多な物はかごで隠し、見せるもの、良く使う物は
    取り出しやすい位置に置く。

    カゴも椅子もお施主様が洗面台に合わせて用意された物。
    色と質感が見事にマッチしていて
    既製品では味わう事のできない特別な洗面台になりました!

  • 丁度建物が完成したこの日、
    沢山のお花がまるで完成を祝うかのように咲いていました。

    全く何もない状態から始まる家作り。
    全く白紙の状態から一つずつ一つずつ積み重なって
    少ずつ少しずつ形になっていきます。

    そこには大切な大切な出会いがあり
    こんな家にしたいと言う想いがあり
    それを叶えてあげたいという想いが重なって
    家という形となって大切な家が完成します。

    若いご夫婦お二人のたくさんの想いが詰まった
    ネイティブアメリカンな家。
    お施主様の夢をちゃんと叶えることができた
    とてもおしゃれで素敵でかっこいい家です!