二世帯の家

氷見市

...

  • 山あいに佇む二世帯の家。
    周りの背景に馴染みながらも、長い間暮らせる様に
    地震に強く、美しく飽きの来ない家。

  • 目隠しとしての機能も活かしながら、デザイン的にも
    綺麗に見せれる格子を玄関のアクセントとしています。
    格子の裏に隠れる勝手口や外部収納も格子が綺麗に目隠し
    してくれています。

  • 2階には遠くを眺める事のできるバルコニー。
    友人を呼んで楽しめる場を作りたいと言うお施主様の夢を
    聞きながら作り上げられたお家です。

  • 玄関から繋がる土間空間。ロードバイクをそのまま土間に運び
    室内から眺める事ができる。そんな土間になります。

  • LDKと繋がる土間。左にはデッキと芝生の庭。
    土間には将来薪ストーブを置き、その奥の四角い小窓の奥には
    喫煙スペース。廊下奥にトイレ、寝室へと繋がります。

  • リビングから見える景色には、遠くの緑や、田園風景を取り込み
    隣家を隠すように窓を配置しています。
    視線を感じずにゆったりと過ごせる空間が、
    居心地の良い空間を産み出します。

  • キッチンから繋がる食品庫。
    食品庫からそのまま、脱衣室、浴室、サンルーム、勝手口。
    更に玄関へと繋がる導線になっています。

  • 2階にあるセカンドリビングからの眺め。
    遠くまで広がりのある田園風景を眺められる様
    階段上を大きな窓としてあります。

  • 寝室には書斎やお化粧を整えるカウンター。
    右手奥には小屋裏を利用した小屋裏収納としています。
    雑多な大きな物はお金を掛けずに、大きな空間に。

  • お引渡しの日はあいにくの雨でした。
    水仙の花が咲く畑から眺める家の窓には、
    ガラスに反射した木の枝が写りこみ
    緑豊かな外観を作り出していました。

    若いご夫婦が親御さんと住む為に建て替えられた二世帯の家。
    この山あいの里に若者が居なくならないように、
    自分達が住むんだと言うとてもとても深い想いでした。

    これらの写真に写っている緑は家の物ではありません。
    周りの畑や山や田んぼにある緑を借景しています。
    山あいに暮らすという選択がもたらしてくれた
    素敵な素敵なご褒美ですね。