スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

注文住宅をお考えの方へ!後悔しない間取りの決め方をご紹介!

「後悔のない間取りづくりをしたい」

「満足のいく間取りづくりをするための考え方を知りたい」

このような悩みをお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。

しかし、注文住宅は初めて建てる方が多いので、わからないことばかりですよね。

そこで今回は、注文住宅をお考えの方へ、後悔しない間取りの決め方を紹介します。

 

□間取りを決定する際に必要な3つの要点とは

間取りづくりは初めてなので必要な要点を知らない方は多いですよね。

ここでは、間取りを決定する際に必要な要点を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、家族の希望や優先順位、生活動線を考えることです。

せっかくの家づくりですので、家族全員の希望を叶えてあげたいと考えますよね。

しかし、全ての希望を実現することは難しいでしょう。

そのため、希望の中に優先順位をつけて、ある程度諦める気持ちを持つことも大切です。

また、生活動線が複雑になっていると、快適に生活できないので、動線はシンプルにするようにしてください。

2つ目は、土地の形状や周辺環境を考えることです。

土地周りの道路や方角をもとに間取りを設計する必要があります。

道路から室内が見えやすくなったり、日当たりが悪くなったりしないようにすることをおすすめします。

3つ目は、土地全体と住居のゾーニングです。

ゾーニングがわからない方は多いですよね。

これは、間取りを用途や機能ごとに分類することです。

土地全体のゾーニングは庭や駐車場にする部分を決めることです。

住居のゾーニングは、部屋の位置を決めることです。

 

□失敗しないために押さえておきたいポイントとは

理想の間取りづくりをするための3つの考え方を紹介しました。

しかし、間取りづくりはどうしても失敗しやすい部分です。

ここからは失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

1つ目のポイントは、 音やにおいが拡がりやすい ことです。

誰もが開放的な空間を作りたいと考えるでしょう。

しかし、そうした空間にもデメリットが存在することを押さえておきましょう。

2つ目のポイントは、コンセントの場所です。

間取りを考える際に忘れがちなのが、コンセントの場所です。

家電を使いたい時にコンセントがなくて、使えないとなるとかなり残念ですよね。

コンセントの数、位置をしっかりと考えておきましょう。

3つ目のポイントは、 西日などの日差し対策 を行うことです。

西日は夏に室内の温度を高めたり、紫外線によって食品や家具が傷んだりする原因です。

そのため、窓の設計計画は慎重に行いましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方へ、後悔しない間取りの決め方を紹介しました。

間取りを決めるのはかなり大変なので、わからないことや相談したことがあれば、専門の方に聞くようにしましょう。

注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ