スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

家を建てるのにかかる費用はどれくらい?購入時の費用について解説します!

「家を建てたいけど、大体どれくらいの費用がかかるのかわからない」という方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、住宅購入時の費用について詳しく解説します。
これから家を建てるという方は、ぜひ参考にしてください。

□家を建てるのにかかる費用を紹介します!

*本体工事費用

本体工事費用は、建物本体を建てるためにかかる費用です。
注文住宅を建てる際の相場は、全費用のうちの大体75〜80%となります。
仮設工事や基礎工事などの構造作りから、窓やドアの取り付け、空調工事や配管に至るまで様々な工事が含まれます。

*別途工事費用

付帯工事費用は、建物以外の工事などでかかる費用です。
例えば、庭や駐車場、照明やカーテン、室内設備などの購入や取り付け工事が含まれます。
他にもこれは、前に建っていた家を取り壊す費用や、地盤調査・改良工事などが場合によっては含まれます。
また、本体工事費用と別途工事費用を合わせたものを、建築工事費用と言います。

*諸費用

諸費用は、前述したような建物関係以外にかかる費用です。
例えば、注文住宅を建てようと思うと、工事費用以外のところでも様々な費用が発生するでしょう。
住宅ローンを組む際の頭金などの費用や引っ越し代、家を建てる際に払わなければならない税金などがありますね。
また、これらは現金で支払うものが多いので、あらかじめ意識して全体の10%ほどの費用を確保することをオススメします。

□注文住宅の予算の決め方を紹介します!

住宅の購入費用に貯蓄の全てを使ってしまえば、引っ越し代や家族が怪我・病気をして、急にお金が必要になった時に対処できません。
そのため、住宅費用は住宅購入後を見据えた資金を、貯蓄から引いた額に設定して家探しをすると良いでしょう。
具体的には、家具購入などにかかる入居費用(約50万円)や万が一の病気や災害に備えた費用、子供の教育費などを貯蓄から引いた額が目安になるでしょう。

また、住宅ローンの借入額は、返していける額を考えた上で設定するようにしましょう。
そのため、家計にできるだけ負担をかけないくらいの、家族の年収にあった無理のない返済額を決めましょう。
毎月返済額を決められたら、借入額を計算します。
大体の目安としては、これを340倍した額で、例えば毎月返済額を10万円としたなら、3400万円が住宅ローン借入額の目安になります。

これらを元にして、住宅の購入費用を考えると良いでしょう。

□まとめ

住宅購入時の費用について解説しました。
将来のこともよく考えた上で、適切な価格の家探しができると良いですね。
当社では、住む人の暮らしを追求した新しい家づくりのアプローチをご提案します。
注文住宅をお考えの方は、ぜひご相談ください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ