スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

キッチンの照明でお悩みの方に向けてよくある失敗例とおすすめの照明をご紹介します!

家づくりにおいてキッチンにはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
満足できるキッチンにするためには、事前にいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。
この記事ではキッチン照明で起こりやすい失敗とおすすめのキッチン照明をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□キッチンの照明でよくある失敗例をご紹介!

まずは、キッチンの照明で後悔した例を3つ説明します。

1つ目は手元が暗くて作業しにくいことです。
照明の個数が足りず、位置が低いと作業する際に手元が暗くなります。
背中の方に向けて照明が設置されていると、手元が影になるため注意しましょう。

2つ目は電球色にしてしまったことです。
最近ではキッチンとリビングが繋がっているタイプが増えています。
照明の色をリビングと合わせると、調理の際に見にくくなる可能性があるので注意してください。

3つ目はキッチンの中で照明を分ける方が良かったことです。
スイッチが1つの場合、同時につくので明るすぎて後悔するケースがあります。
その場合は、キッチンの照明とシンクの上の照明を分ける方は多いと良いでしょう。

□おすすめのキッチン照明をご紹介!

続いて、おすすめのキッチン照明をご紹介します。
まず、基本的に使用される照明は以下の通りです。

・シーリングライト
・ペンダントライト
・ダウンライト
・スポットライト
・シャンデリア
・シーリングライト

これから中でもよく使用されるおすすめの照明を4つ紹介します。

1つ目はペンダントライトです。
インテリアブログやSNSでも話題の照明です。
コードで天井から吊り下げることで、高さによって明るさの印象を変えられます。
おしゃれな見た目に仕上げたい方にはおすすめの照明です。

2つ目はペンダントライトです。
キッチンアイテムに個性を出したい方は利用することをおすすめします。
ただし手元の明るさが足りないことがあるので、明るさを補うような工夫が必要です。

3つ目はダウンライトです。
天井に埋め込まれているタイプは掃除の手間が省けることに加え、見た目もスッキリします。
個数を調整することで明るさを十分に確保できます。

4つ目はスポットライトです。
特定の場所を照らすのに適しており、間接照明として使用されることが多いです。
モダンな雰囲気やスタイリッシュに仕上げたい方に人気の照明です。

□まとめ

今回はキッチンづくりにおける照明選びで失敗した例とおすすめの照明をご紹介しました。
後悔のないキッチンにするためにも今回の内容を確認して活用していただければ幸いです。
マイホームに関してお悩みの方は、当社にお気軽にご相談ください。

  • トップ
  • スタッフブログ
  • キッチンの照明でお悩みの方に向けてよくある失敗例とおすすめの照明をご紹介します!
オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ