スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

掃除が楽な家にするために意識すべき間取りとポイントを紹介します!

「毎日の掃除が辛いので少しでも掃除が楽な家にしたい」
家を新築する際に、このようにお考えの方もいらっしゃいますよね。
そこで、この記事ではそのような家にするために意識すべき間取りとポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□掃除しやすい家のポイントとは

掃除しやすい家の特徴を1つずつ解説します。

1つ目が、部屋の形です。
凸凹していないフラットな家が掃除しやすいと言えるでしょう、
しかし、ダウンフロアやスキップフロアを設けたいといいう方もいらっしゃいますよね。
そのような場合は、フラットな場合よりも少し掃除に手間がかかるということをあらかじめ理解しておきましょう。

2つ目が、適切な収納を設けることです。
当然ですが、掃除をする際に毎回整理整頓から始めているととても大変ですよね。
適切な収納とは、必要な場所に必要な量の収納を設置することです。
家を新築する際に、その部屋でどのようなものを使い、収納するかをしっかりと考えておくことが大切です。

3つ目が、窓の大きさを考えることです。
最近は、吹き抜けを希望する方も多いですが、その場合は大きな窓が多く掃除が大変になることが考えられるでしょう。
さらに、以前とは異なり、たくさん窓をつけるよりは最低限の窓で採光し風通りを良くするというのが主流になっています。

窓が必要な場所をよく考え、設置することを意識しましょう。

□掃除が楽になる内装材選びとは

続いて、掃除が楽になる内装材選びについて解説します。
キッチンやダイニング、サニタリーは、汚れやすく掃除が頻繁に必要です。
そのため、汚れが落ちやすく、掃除がしやすい素材を使って住宅を建てることがおすすめです。

特に汚れやすい水回りにおすすめの床材について解説します。
1つ目が、クッション性のある発泡層を含んだシート状の床材で、水が染み込まないという特徴があります。
中には、防菌や防カビ加工をしている製品もある上、傷がつきにくいことから、水回りには特におすすめの素材です。

2つ目が、タイルです。
耐水性や耐摩耗性、衝撃に強い素材で、汚れても掃除がしやすいという特徴があります。
カラーバリエーションも多いので、デザインにこだわりたい方には嬉しいですね。

□まとめ

この記事では、掃除が楽な家にするために意識すべき間取りとポイントをご紹介しました。
掃除は生活と切り離せない大切な家事なので、少しでも楽に掃除ができる家だと嬉しいですよね。
これから住宅を建てる方は、この記事をぜひ参考にしてください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ