スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

ウォークインクローゼットの必要性とは?メリットとデメリットもご紹介します!

マイホームを建てる際に、ウォークインクローゼットの設置を検討している方は多いのではないでしょうか。
どんな設備も導入する際には特徴をよく理解しておくことが大切です。
そこで、この記事では、普通のクローゼットとの違いやメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□ウォークインクローゼットとクローゼットの違いは?

まず、ウォークインクローゼットは、普通のクローゼットの一種です。
ウォークインクローゼットはその名の通り、クローゼットの中に人が入れる衣類収納スペースのことを指します。
クローゼットの中には、洋服をかけるハンガーパイプや作りつけの収納棚のほか、換気を目的とした窓が付いているものもあります。

また、広さは2畳から3畳ほどとなります。
空間を上手く活用できれば、洋服を収納するだけでなくクローゼット内で身支度を済ませられるでしょう。
ただし、スペースが限られている方や、洋服の数がそれほど多くない方は、通常のクローゼットで問題ないでしょう。
部屋の広さに余裕がある方は、ぜひウォークインクローゼットを検討してください。

□ウォークインクローゼットのメリットとデメリットについて

ウォークインクローゼットには、メリットとデメリットがあります。
まずはメリットを4つご紹介します。

1つ目は、収納スペースを自由に使えることです。
ウォークインクローゼットにすることで、より多くの衣類を収納できます。
衣類のみでなく、靴やアクセサリーも収納できるため、収納スペースを有効に活用できるでしょう。

2つ目は、着替えるスペースが出来ることです。
ウォークインクローゼット内に着替えができるスペースを設ければ、身支度がかなり楽になるでしょう。

3つ目は、服以外にも家電等の収納スペースとして活用できることです。
家の端で眠っている家電はなど、置き場がないものもあるでしょう。
ウォークインクローゼットのスペースをうまく利用することで、そのお悩みが解決できます。

4つ目は、衣替えが不要なことです。
ウォークインクローゼットは、広さ次第ですが夏服と冬服を同時に収納できます。
よって、衣替えの手間がかからないことが魅力ともいえるでしょう。

一方で、デメリットとしては広い空間を必要とすることです。
先ほどから述べているように、広さに余裕のない家に無理にウォークインクローゼットを設けると、中途半端な仕上がりになってしまうでしょう。

ウォークインクローゼットの良さを十分に発揮するためには、ある程度広い空間が必要です。
さらに、それが他の居住スペースを削って設けたものだと、なおさら後悔してしまうかもしれません。
洋服の収納にお悩みでない方は、生活スペースを広くした方が良いでしょう。

□まとめ

ウォークインクローゼットの必要性についてご理解いただけたでしょうか。
ウォークインクローゼットにはメリットとデメリット両方があります。
設置後に後悔しないようによく理解して、本当に必要かどうかを検討することをおすすめします。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ