富山でかっこいい家を建てるなら米田木材へ

WORKS

パッシブデザインの家

新築 射水市

木を愛するご家族、木を愛する人達が建てた木の家。
普段はしないようなお話をしながらお互いに知恵を出し合い考えたプランをこの物件に関わる人達が真剣に考え丁寧に作り上げた家です。
間取りやデザインはもちろんのこと、断熱性能、気密性能、構造面など全てにおいて追及した家となっています。

和の趣を大切にしながら、家も家族も歳を重ねても飽きの来ないようなデザインを
外観上は心掛けました。目隠しのRC壁を設けることで程よく外と繋がりながら、プライバシーを確保しています。
LDKの空間を勾配天井とし奥行きを長くとり取りながら上にも広がる空間を作っています。
左手側が南面になり、キッチンを南面の庭とリビングダイニングに向かって使うオープンキッチンスタイルにしています。
階段横からの眺めは、ご夫婦と設計した自分も含め大好きな建築家伊礼智さんの建築を参考に伊礼さんっぽい見た目が成立するようなデザインとしました。化粧柱は丸くすることで柔らかさと触りながら回れるように角のない丸い形状にしています。
天井と壁面に杉の羽目板を張ることで自然の木の持つ柔らかさや、香りの感じられる空間としています。キッチンも空間に馴染むように木のキッチン。少々値は張りますが、床と扉の面材を合わせることで、数年後素材が日焼けや汚れで経年変化しても同じ様に変化していくので、歳を重ねても違和感なく馴染む空間となります。
床はナラ。扉はオーク、天井は杉と経年変化した後に色味が揃う材料にすることで、木の家でありながら素材感と質感、色味のばらつかない空間としています。
キッチンのシンク下はオープンなゴミ箱スペース。
食品庫やファミリークローゼット等を広く設けてあるので、キッチンはスッキリとしたデザインにしています。オープンにスッキリと暮らすためには必要な場所に必要なだけの収納を。すっきりと暮らすにはこれが一番大切です。
南面に面したデッキスペース。軒を深く出し大開口サッシを設けることで、外と広く繋がる空間としています。
木のキッチン。質感も素材感もとても綺麗でキッチンでありながら、どこか家具の様な美しいデザインです。
階段脇に設けられたワークスペース。LDKの一角にリビングと反対に向けて置くことで集中しながらも家族と繋がりながら作業することが出来ます。
このお家はパッシブデザインを基に設計されています。夏場の強い日差しを遮り、冬場の柔らかな日差しを取り込むことで夏涼しく冬暖かい家。その他に気密、断熱、構造もハイスペックな仕様になっています。これからの温暖化が更に加速することも見据えた家。断熱気密を強化して、冷暖房の効率を上げることで省エネにもなり、初期投資は掛かりますが、光熱費も下がる家。見た目だけでなく、性能にもこだわった家作りもしています。

施工例

オンライン
見学・相談
受付中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ