スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

賃貸と持ち家どちらが良い?メリットとデメリットを比較し解説します!

現在、賃貸の住宅に住んでおり、持ち家を購入しようかと迷っている方はいらっしゃいませんか。

しかし、賃貸のまま暮らし続けるか、住宅を購入するかは、お金のことからも迷いやすいポイントですよね。

実際それぞれにメリットやデメリットがあります。

そこで今回は、賃貸と持ち家のメリットとデメリットについて紹介します。

 

□持ち家のメリットとデメリットについて

ここでは持ち家のメリットとデメリットを紹介します。

1つ目のメリットは、内装や設備などのクオリティが高いことです。

自分で内装を決めたり、設備を購入できたりするので、自ずとクオリティも高くなりますよね。

賃貸の場合は備え付けの設備から変更しにくいでしょう。

2つ目のメリットは、間取り変更や設備交換が容易であることです。

先ほどのメリットとも共通する部分ですね。

間取りの変更までできるのはとても大切でしょう。

将来的な家族構成の変化に合わせたリフォームができるということですね。

デメリットとしては、簡単に引っ越せないことが考えられます。

持ち家はどうしても引っ越しがしにくいですよね。

また、メンテナンス費用や固定資産税、都市計画税を負担する必要があります。

 

□賃貸のメリットとデメリットについて

ここまでは持ち家のメリットとデメリットを紹介しました。

ここからは賃貸のメリットとデメリットを紹介します。

賃貸にお住まいの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

賃貸のメリットは、やはり引っ越しが簡単なことでしょう。

持ち家の場合は、簡単に手放せないですが、賃貸であれば不都合が生じた時に別の物件へと移動しやすいですよね。

また、住宅設備や建物を自分で修理する必要がないこともメリットでしょう。

さらに、住宅ローンや税金を支払う必要がないことも良いですね。

賃貸のデメリットとしては、家族向けの物件が少ないこと、リフォームができないことで、家賃を支払い続ける必要があることが挙げられます。

将来的に家族で同じ家に住むことを考えるのであれば、持ち家の方が良いかもしれませんね。

また、リフォームだけでなく、釘を打ったり、壁紙を変えたりもできないでしょう。

家賃を支払い続ける必要があるというのは大きなデメリットですよね。

期限つきのローンとずっと続く家賃の支払いのどちらを選ぶかはかなり大切な決断となるでしょう。

 

□まとめ

今回は、賃貸と持ち家のメリットとデメリットについて紹介しました。

現在は賃貸に住んでいる方で、持ち家を購入しようか迷っている方は、一度当社までご相談ください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ