スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

料理好きの方必見!注文住宅のキッチンの種類を解説します

富山県はお魚もお野菜もお米もリーズナブルで美味しいので、お料理が趣味の方も多いのではないでしょうか。
注文住宅で、お料理タイムをより一層楽しくしてくれるようなキッチンを叶えませんか。
今回は、キッチンにクローズアップした記事です。

 

□豊富な種類からチョイスできる!キッチンの種類をご紹介します

実は、キッチンは数多く種類があります。

対面(オープン)キッチンと壁付(クローズ)キッチンがあることは分かる方が多いのではないでしょうか。
対面はコミュニケーションの取りやすさ、壁付は省スペースでお料理に集中できることがメリットに挙げられます。
当社のお客様は、対面キッチンをご希望の方が多いです。

人気の対面キッチンのタイプは下記に分けられます。

・アイランドキッチン
・ペニンシュラキッチン
・セパレート型キッチン

・I型キッチン
・L型キッチン

アイランドキッチンは名前通り、島のようなキッチンです。
動きやすさ、開放感、リビングとのコミュニケーションの取りやすさは一番です。
デメリットは、大きなスペースを確保しなければいけないことと、「島」の部分を常に整理しなければ生活感が目につきやすいことです。

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの短辺の片側が壁にくっついているキッチンです。
アイランドキッチンより小さいスペースで設置できること、選べる換気扇の種類も多くて匂いも広がりにくいこと、価格もデザインも豊富であることがメリットです。
デメリットは、アイランドキッチンよりは少々動きにくい点です。

セパレート型キッチンは、シンクがアイランド型、コンロが壁付となっているキッチンです。
対面キッチンと壁付キッチンのメリットが同時に得られます。
シンクとコンロの間で、食材やお鍋を移動させる時に注意が必要な点はデメリットです。

I型キッチンとはコンロと作業台、シンクがまっすぐ並んでいるキッチンです。
この形は非常に多く、対面キッチンの1番スタンダードなタイプとも言えます。
手元が隠れるため生活感が出にくいこと、コミュニケーションが取りやすいことがメリットです。
数人でお料理する時は動きづらい点はデメリットでしょう。

Ⅼ型キッチンとはコンロ・シンクが直角に設置されているキッチンです。
作業スペースのとりやすさ、移動のしやすさがメリットです。
角部分がデッドスペースとなりやすいこと、広いスペースが必要なことがデメリットでしょう。

 

□キッチン選びで注意すべきポイント

毎日使うキッチンで一番こだわるべきポイントは使い勝手の良さです。
では、使い勝手の良いキッチンにするには何をどうしたらよいのでしょうか。

 

*キッチンは収納にこだわりましょう!

使い勝手のいいキッチンとは、使いたいお料理道具や調味料が取り出しやすいキッチンです。
そのため、収納は広さや大きさよりも、どこに設置するかにこだわりましょう。
お料理をするときの動線をイメージして、その場所で必要となりそうなキッチンツールがすっきり収まる適切なサイズの収納を手の届きやすい位置に設置します。
最近は、収納力と取り出しやすさを兼ね備えた二段の引き出しなども人気です。

 

□まとめ

こんなにキッチンに種類がある事を知らなかった方も多かったのではないでしょうか。
あなたの理想のキッチンは見つかりましたか。
当社は、豊富な種類の中からお客様にぴったりなキッチンをご提案いたします。
キッチンは、リビングを作る重要な要素となるので、こだわってプランを考えていきましょう。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ