スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

注文住宅の壁紙にお困りの方へ!選び方をご紹介します!

注文住宅をご検討中の方の中で、壁紙にお困りの方はいらっしゃいませんか。
壁紙にはたくさんの種類があるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、壁紙の種類や選び方をご紹介します。

 

□壁紙の種類をご紹介!

まず、壁紙の種類を5つご紹介します。

1つ目が、ビニールクロスです。
汚れが落ちやすく、掃除がしやすいのが特徴です。
消臭機能を備えたものや抗菌機能を備えたものなど、たくさんの種類があります。

2つ目が、珪藻土(けいそうど)です。
消臭や調湿機能に優れ、夏には湿気を吸収し、冬には水分を放出します。
自然素材ならではの風合いが楽しめるため、ナチュラルな雰囲気がお好みの方におすすめです。

3つ目が、織物や布です。
木綿や麻などの自然素材から作られた織物を使用した壁紙は、ぬくもりを感じたい方におすすめです。
遮音性や断熱性に優れ、結露が発生しにくいのもメリットです。

4つ目が、和紙や紙です。
地球環境や健康面にも安心で、今注目されています。
また、和紙には独特の風合いがあるため、落ち着いた雰囲気の部屋にしたい方におすすめです。
欧米で使われているものは、たくさんの種類があるため、個性的な部屋にしたい方におすすめです。

5つ目が、木材質です。
薄くカットされた木やコルクから作られた壁紙で、ぬくもりを感じたい方におすすめです。
掃除がしやすく、経年の変化を楽しめることも、安定した人気の理由です。

 

□壁紙の選び方をご紹介します!

これだけたくさんの種類があると、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。
そこで、壁紙の選び方を4つご紹介します。

1つ目が、どんな部屋にしたいのかをはっきりさせることです。
部屋の雰囲気が決まれば、選ぶべき壁紙の雰囲気も決まります。
また、想像しづらい場合は、部屋の写真をたくさん見て、理想に近いものを集めてみましょう。
好みの傾向がわかります。

2つ目が、床やドア、天井との色のバランスを考慮することです。
壁単独で考えると、全体を見たときに調和しない場合があります。
壁以外の部分の雰囲気も考慮しましょう。

3つ目が、暮らしに適した機能で選ぶことです。
色や柄だけでなく、機能にも注目しましょう。
例えば、お子様のいるご家庭であれば、汚れが落としやすい加工がされたものを選ぶと安心です。
新居での暮らしをイメージして、必要な機能を選んでみましょう。

4つ目が、大きなサンプルで確認することです。
明るい色は面積が大きいほど明るく見え、暗い色は面積が大きいほど暗く見えます。
そのため、サンプルが小さすぎると実際の仕上がりと見た目が異なる場合があります。
最低でもA4サイズほどの大きさのサンプルを見て決めるのがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、壁紙の種類や選び方についてご説明しました。
壁紙にはたくさんの種類があり、それぞれ機能が異なります。
ぜひこの記事を参考にして、ご自身の要望に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ