スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

マイホームの間取りの決め方について解説します!

マイホームの間取りの決め方でお困りの方はいらっしゃいませんか。
間取りを1から考えるのはとても大変ですよね。
いざ間取りを考えようとしても、どのように決めていけば良いかわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、マイホームの間取りはどのように決めれば良いのか解説します。
是非ご覧ください。

□間取りを決める前に知っておいてほしいこと

マイホームの間取りを決めていく上で知っておいてほしいことがいくつかあります。

まずは、建築基準法です。
専門的な法律なので、少し馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。
そんな建築基準法ですが、基礎的な内容を理解しておくと、間取りを決めていく際によりアイデアを出しやすくなります。

例えば、3階建て以上の大きな家を建ててみたいと思っていても、建築基準法ではそれがNGになってしまう地域もあります。
建ぺい率や容積率、地域区分などの基礎的な建築基準法内容を理解しておくと、土地選びの際に役立つかもしれません。

流行りの間取りをむやみやたらに取り入れようとするのもやめてください。
例えば、吹き抜けのある広いリビングは、一見とてもおしゃれに見えますが、普通の家よりも耐震性を強化する必要があります。
エアコンの付け方も工夫しないと、上手くリビング内の空調が整わない場合もあるので注意してください。

家の外の間取りも含めて、考えていきましょう。
間取りは家の中の内装や設備だけではありません。
家の外のガレージ、庭、外装なども間取りを決める際に含まれる要素です。

間取りの決め方で、コストも大きく変わってきます。
複雑な形状をした建物を建てようとするとその分、費用が高くなる傾向にあります。
1番安価なのは真四角や長方形の建物です。

□間取りを決める際のポイントとは

実際に間取りを決めていく際にポイントにしてほしいことがいくつかあります。

まずは、家族の希望や優先順位、そして生活動線をしっかりと考えましょう。
できるだけ家族全員の希望を反映させられるようにしてください。
生活動線などは、具体的にシミュレーションを行って、もしその家に住んだらどのように生活するのかなどを考えるようにしてみてくださいね。

土地の形状や方角、そして周辺の環境を把握することも大切です。
それに合わせて、人によって土地全体と建物の作り方も変わってくると思うので、周りにどのような家が立ち並んでいるのかもしっかり観察してくださいね。

□まとめ

今回はマイホームの間取りの決め方について解説しました。
是非参考にしてみてください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ