スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

家づくりの際に決めることについて解説します!

マイホームを購入して、新たな生活を始めてみたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、実際に家づくりを始めていくとなると、どういったことに気を付けて決めていけば良いかわからないですよね。
そこで今回は、家づくりの際に決めることについて解説します。
是非ご覧ください。

□家づくりで決めないといけない事とは

家づくりで決めないといけないことはたくさんあります。
まずは間取りを決めましょう。
ご自身の生活スタイル、ご家族の生活スタイルや要望を十分に考慮して、間取りを決めていかなくてはなりません。
もちろん、法律や自治体の規定などで、すべての要望が通るとは限りません。
しっかりと業者と相談するようにしてくださいね。

外装設備や内装設備も決める必要があります。
外装設備とは主に、外壁にどういった素材を用いるのか、屋根にどのような素材を用いるのかです。
積雪が多い地域、夏に気温が高くなる地域は、そういったものに強い素材を用いると良いでしょう。
その際は、デザイン性を考慮して、おしゃれなものを選んでみてくださいね。

内装設備の例として、フローリングの素材、壁紙、お風呂、キッチンなど様々あります。
1つ1つ選んで決めていく必要があるので、時間はかかりますが、焦らずじっくりご家族と相談して決めていってくださいね。
上記のように間取りを決めていく際は、我々専門家もご協力させていただきます。
是非お気軽にご相談ください。

□家づくりの際に注意すること

家づくりの際に注意してほしいことがいくつかあります。
例えばこだわり過ぎないことです。

設備や資材にこだわりすぎると、予算をオーバーしてしまい、1から間取り計画を見直さないといけなくなるかもしれません。
こだわりたいところはしっかりと優先順位を決めておくようにしてください。
優先順位に応じて、設備などは標準グレードや低グレードなどでメリハリをつけてみてくださいね。

打ち合わせの記録はしっかりと取るようにしてください。
詳細などをかなり詰めて決めていくので、施工担当者も記憶違いを起こしてしまうかもしれません。
言った・言わないなどのトラブルを避けるためにも、できる限り何を話し合って、どういった品番の資材に決めたのかをメモしておくと良いでしょう。
もちろん、記録を残す際は必ず許可を取ってから行うようにしてくださいね。

□まとめ

今回は家づくりの際に決めることについて解説しました。
是非参考にしてみてください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ