スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

マイホームをお考えの方必見!子育てにおすすめの間取りとは?

小さなお子さまをお持ちの方の中で、マイホームの購入をお考えの方がいらっしゃるでしょう。
そのような方であれば、子育てしやすい住宅を実現したいですよね。
この記事では、子育てにおすすめの間取りと、間取りについて考える際に注意しておきたいポイントについて紹介します。

□子育てにおすすめの間取りについて

ここからは、子育てにおすすめの間取りのポイントについて紹介します。

1つ目のポイントは、段差がないことです。
小さなお子さまにとって住宅内の段差は危険な場所です。
生まれたばかりの赤ちゃんや幼稚園に通うお子さまがいらっしゃる家庭であれば、このポイントは特に気をつけておくことをおすすめします。
お子さまの安全のためにも、なるべく段差がない間取りを考えるようにしましょう。

2つ目のポイントは、1階に部屋を設けることです。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる方であれば、四六時中自分の目に見える位置にいてほしいですよね。
家事をしている間もお子さまを見守るためにも、1階に部屋を設けて、常に見守れる環境を作るのがおすすめです。
また、お子さまとコミュニケーションを取りやすくなるのも魅力的なポイントです。

3つ目のポイントは、広めの収納スペースです。
子供は月日が経つごとにどんどん大きく成長しますよね。
まだ小さい頃はファッションなどに興味がなくても、中学生くらいになると自分が好きな服や靴などが欲しくなります。

その際に、十分な広さがある収納があった方が良いですよね。
収納スペースを決める際には、お子さまの成長を念頭において考えるようにしましょう。

□間取りについて考える際に注意しておきたいポイント

次は、間取りについて考える際に注意しておきたいポイントについて紹介します。

1つ目のポイントは、キッチンからリビングを確認できることです。
主婦の方であれば、一日の中でキッチンにいる時間が長いですよね。
キッチンからリビングが確認できるような間取りすれば、お子さまをしっかりと見守れ、コミュニケーションも取れます。
これは、お子さまがいる方であれば、押さえておきたい大切なポイントです。

2つ目のポイントは、壁面を減らしすぎないことです。
マイホームの購入をお考えの方の中には、いくつかの大きな窓を設置して、光が入りやすい明るい住宅にしたいとお考えの方がいらっしゃると思います。
しかし、窓の数が多くなってしまうと、相対的に壁面が少なくなってしまいます。
そうなると、家具を置く場所が限定され、かえって使い勝手が悪くなってしまう可能性も考えられるので注意しましょう。

□まとめ

この記事では、子育てにおすすめの間取りと、間取りについて考える際に注意しておきたいポイントについて紹介しました。
今回紹介した内容を参考にして、子育てしやすい住宅を実現させて下さい。
間取りなどに関して質問等ございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ