スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

カビが生えない家にするためには?条件と今すぐできるカビ対策をご紹介します!

マイホームをくつろげたりリラックスしたりする空間にしたいと考える方は多いのではないでしょうか。
湿気によって発生するカビはできるだけ避けたいですよね。
そこで今回は、カビを発生させないための条件と今すぐできる対策方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□カビの生えない家の5つの条件をご紹介!

これから家の中にカビを発生させないための条件を5つ紹介します。

1つ目は気密性が高いことです。
家の気密性を高くして、湿った空気を取り入れないようにすることが大切です。

2つ目は断熱性が高く、家の中の温度差がないことです。
室内を高気密・高断熱にすることで、極端に寒い空間がなくなります。

また、カビの原因となる結露を発生させないことにもつながるのでおすすめです。
窓の断熱性は見落とされがちですが、断熱性を高めるための大切な要素です。

3つ目は家の中の水蒸気を吸収・放出できるような材料を使用することです。
水回りの空間や人から出る水蒸気にも注意が必要です。
水蒸気を吸収するために、除湿の効果を持つオーク材を使用するのも1つの手です。
家の中でどれほどの水蒸気が発生するのかを考えて材料を選ぶようにしましょう。

4つ目は換気や空調が計画的にされていることです。
窓を開けていることがカビを発生させる原因になる場合があります。
そのため、室内の温度を一定に保ちながら空気を入れ替えることが重要です。

5つ目はエアコンを常に稼働させることです。
空調を整えるための機能としてエアコンは優れています。
除湿器がない方でも、エアコンを活用することで湿気を避けられます。

□カビの生えない家にするために今すぐできる対策法をご紹介!

カビを発生させないために注意したいポイントを3つに分けて説明します。

1つ目は毎日朝と夜に2回以上窓を全開にすることです。
カビの発生を避けるために換気はとても大切です。
窓を開けることが難しい場合は換気扇や空気清浄機を活用するようにしましょう。

2つ目は家具と壁の隙間を開けることです。
ソファーやベッドなどの家具と壁の間に隙間を開けるようにしてください。

3つ目はこまめに掃除をすることです。
部屋の汚れやホコリはカビが発生する原因となるため注意しましょう。

□まとめ

今回はカビの生えない家の条件とカビの生えない家にするためにやるべき対策方法についてご紹介しました。
実際に室内が条件に当てはまっているか確認するようにしましょう。
快適な空間にするために今回の内容を役立てていただければ幸いです。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ