スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介します!

「住宅のランニングコストにはどのようなものがあるのだろう」
このようにお考えの方もいらっしゃいますよね。
そこでこの記事では、ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□住宅のランニングコストとは

住宅のランニングコストとは、建築した住まいを維持するためにかかる費用のことです。

1つ目が、税金です。
固定資産税や都市計画税などが当てはまります。
毎年1月1日時点で不動産を所有している方に納付の義務があります。

2つ目が、保険料です。
災害による建物や家財などの損害を補償するために、火災保険や地震保険などに加入しますよね。
こちらも住み続けるために必要なコストです。

3つ目が、光熱費です。
光熱費とは、電気やガス、水道など生活に必要なエネルギーを購入するためにかかる費用全般のことを指します。
家にいる人や時間の長さで左右されるでしょう。

4つ目が、メンテナンスや修繕費用です。
家は建てたばかりの時は不具合なく快適に暮らせますが、時間が経つと少しずつ劣化します。

そのため、10年や20年住むためには屋根や外壁、その他室内の設備などの修繕が必要になります。
修繕やメンテナンスの箇所にもよりますが、数十万円~百万円単位でのコストがかかる場合もあります。
不便なく暮らしている間はなかなか気づきづらい費用ですが、日ごろから考えておくと良いですね。

□ランニングコストを抑える方法とは

続いてランニングコストを抑える方法です。

1つ目が、ZEHハウスにすることです。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、エネルギー消費量が少ない家のことです。
断熱、省エネ、創エネの3つの機能を兼ね備えた家のことです。
建てる際にはコストがかかりますが、国のZEH補助金が利用できます。

2つ目が、省エネ効果が高い家にすることです。
太陽光や風の流れなどの自然条件を最大限に活用したデザインにすることで、エアコンを使用しなくてもできるだけ室内の環境を快適に保てます。

3つ目が、手入れしやすく耐久性がある家にすることです。
耐震性、断熱性に優れ、防災仕様、バリアフリー構造などを取り入れて、国が定める長期優良住宅の基準をクリアすることで、長く住むための費用が抑えられます。

□まとめ

この記事では、ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介しました。
家は、建てる際にもお金がかかりますが、住み続けていくためにもお金がかかります。
住宅のランニングコストをよく理解して、維持費を少しでも抑えられるように工夫しましょう。
ぜひ参考にしてください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ