スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

ウォークインクローゼットのメリットとデメリットから必要性を紹介します!

「ウォークインクローゼットを導入したいが、メリットやデメリットはどんなものがあるのだろう」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで、この記事ではウォークインクローゼットのメリットとデメリット、種類を紹介します。

□ウォークインクローゼットのメリットとデメリットについて

ウォークインクローゼットの導入を検討する際には、そのメリットとデメリットをよく理解しておくことが大切です。
そこで、メリットとデメリットを紹介します。

*メリット

1つ目のメリットが、クローゼットの中でコーディネートを完成させられます。
全身のコーディネートを考える際には、洋服や靴、バッグ、帽子など様々なものが必要です。
洋服はタンス、靴は玄関、バッグは自室などのように、物がバラバラに置いてあると移動が大変です。
ウォークインクローゼット内で全てが完結するということはとても嬉しいですね。

2つ目が、季節ごとの衣替えがいらないことです。
季節ごとの洋服を全てウォークインクローゼットに収納しておけるので、衣替えをしないで良くなります。

*デメリット

1つ目のデメリットが、押し入れやタンスよりもスペースが必要なことです。
ある程度大きな家や部屋出なければ、設置することで他のスペースを削ることになるので、よく考える必要があります。

2つ目が、クローゼット内のスペースを確保しなければならないことです。
上手に物を収納しなければ、クローゼット内で歩くスペースを確保するのが難しくなります。
事前によく計画を建てる必要があります。

これらのメリットとデメリットをよく考えてウォークインクローゼットの導入を検討しましょう。

□ウォークインクローゼットの種類について

ウォークインクローゼットと一口に言っても、間取りの種類があります。
1つ目が、I型です。
これは、片方の壁に収納を設置したパターンです。
間口に対して奥行きが広い場合に採用される間取りです。

2つ目が、II型です。
両方の壁に収納を設置した、最もポピュラーなパターン。両側に収納できるのでムダがありません。

3つ目が、コの字です。
広めのウォークインクローゼットにする場合、コの字型だとムダなく収納できます。

□まとめ

この記事では、ウォークインクローゼットのメリットとデメリット、種類を紹介しました。
後悔しないためには、メリットやデメリットをよく理解して、導入を検討する必要があります。
ウォークインクローゼットの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ