スタッフブログ | 見学会ニュース・雑記など | 米田木材

BLOG

スタッフブログ

バルコニーの広さの目安とは?失敗しないためのポイントもご紹介します!

マイホームを建てる際に、バルコニーを設置したいとお考えの方は多いでしょう。
そこで、今回の記事ではこれからバルコニーを設置をされる方へ、その広さの目安についてご紹介します。
失敗しないためのポイントを理解して、すてきなバルコニーにしましょう。

□バルコニーの広さの目安

バルコニーはどの程度の広さが使いやすいのでしょうか。

バスコニーで布団を干す場合は、一般的な布団の大きさである1メートルは見積もった方が良いでしょう。
また。家族が多い場合は、その布団の枚数の大きさを考慮する必要があるでしょう。
よって、家族が多い場合は、4.5メートル以上の幅を設けるのがおすすめです。

バルコニーに室外機を置かれる方も多いでしょう。
一般的な室外機の大きさは、幅80メートルと奥行30メートルです。
室外機を置く場所は電力効率を考慮して室内機であるエアコンの位置の近くが良いでしょう。

ただし、その場合は、他のものから前後20メートル以上離れさせる必要があるので注意してください。
室外機を2台以上置く場合は4メートル以上の幅が必要です。

最後に、バルコニーをリラックススペースとして使用したい方は、より一層広い面積が必要でしょう。
バルコニーにテーブルや椅子を並べてリビングのようにすると、リラックスできる空間を作れます。
その様なスペースとして利用したい場合は、ガーデンテーブルとイスの大きさを考えて、バルコニーの広さを決めましょう。

□バルコニーを付けて後悔しないためのポイントとは

*建築面積に注意をしよう

バルコニーを作ることが決定したら、バルコニーの面積が建築面積に含まれるかどうかを確認しましょう。
もしも、バルコニーの奥行きが1メートル以内であれば、バルコニーは建築面積に含まれません。
しかし、それ以上の奥行きの物を建設予定であれば、建物自体の面積を削らなければならなくなります。

*バルコニーは防犯対策が大切

バルコニーには、防犯対策が必要です。
防犯対策として、皆さまにしていただきたいことは3つあります。

1つ目は、手すりの目隠しを柵状や半透明にすることです。
そうすることにより、室内が人目に付きやすくなり、泥棒が近づきにくくなるでしょう。

2つ目は、足場を作らないことです。
バルコニーに足場を作ることで、不審者が侵入しやすくなります。
不審者の侵入経路は、なるべく作らないようにしましょう。

3つ目は、バルコニーには、防犯カメラやセンサーを付けましょう。
その他にも、二重施錠や防犯ステッカーなどの防犯クッズを上手く利用して、防犯性を高めてください。

*水道を設置すること

水道管を設置することにより、掃除がしやすくなります。
こまめな掃除をすることで排水口がつまるのを防ぎましょう。

□まとめ

今回の記事では、バルコニーの設置を検討している方へ、広さの目安や注意していただきたいポイントをご紹介しました。
快適なバルコニーにするには適切な広さと防犯性が重要です。
マイホームのご相談やバルコニーについてご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご連絡ください。

オーナーズ
クラブ
会員募集中
オンライン見学・相談
資料請求 来場予約 お問い合わせ