BLOG

スタッフブログ

住宅の購入後にすべきこととは?やることリストをご紹介します!

「家を買ったら引っ越す前には何をすべきだろう」
「どのような税金を支払う必要があるのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、住宅の購入後にやることリストをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□住宅の購入後の引越し前にすべきこととは

まずは、マイホームを購入した後にすべきことをご紹介します。
1つ目が、周辺の住民の方への挨拶です。
注文住宅を建てる場合は、工事の騒音、引っ越しの際には搬入などで周辺の方に迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。
そのため、あらかじめ挨拶をしておくことをおすすめします。

2つ目が、火災保険の加入です。
引っ越しの日が確定したら、火災保険の適用開始日を引き渡しの日に合わせておきましょう。

3つ目が、ライフラインの切り替えです。
これまで住んでいた住宅の電気やガス、インターネット会社に連絡して、新しく住む住宅の手続きを進めましょう。

4つ目が、不用品の処分です。
次の家で使用する予定のない家具類は、引っ越しの前に処分しておきましょう。
特に、粗大ゴミや燃えないゴミは、各自治体で回収の日が決められています。
そのため、前もって捨てられる物と日にちを確認しておきましょう。
これらのポイントを押さえておくと、スムーズに引っ越しが行えるでしょう。

□税金などの支払い面ですべきこととは

続いて、金銭面での申請書類についてご紹介します。
1つ目が、不動産所得税です。
これは不動産を取得して最初に支払う税金です。
不動産の取得後60日以内に、不動産取得申請書と減税等申請書の2つの書類を提出しましょう。

2つ目が、すまい給付金の申請です。
これは、消費税率が引き上げられたことに伴う住宅購入の負担を軽減するための制度です。
現在は、年収が650万円以下の人を対象に、最大で50万円の補助があります。

3つ目が、住宅ローン減税のための確定申告です。
住宅ローンの控除を受けるためには、最初の年に確定申告を行う必要があります。
早めに税務署へ行き、方法を確認しておきましょう。

4つ目が、固定資産税の支払いです。
住宅の購入後は、毎年固定資産税と都市計画税の支払いが発生します。
送られてきた納付書で支払えば良いですが、金額が大きいので事前に準備をしておくことをおすすめします。

□まとめ

今回の記事では、住宅の購入後にやることリストをご紹介しました。
住宅の購入や引っ越しの際は、想像以上に慌ただしくなります。
前もって手続きをしておかないと、引っ越した後に不便になってしまいます。
この記事を参考に、引っ越しの段取りを進めてください。