BLOG

スタッフブログ

平屋と二階建てはどっちが良い?それぞれの特徴をご紹介!

「マイホームを建てたいが、平屋か二階建てどっちが良いのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回の記事では、平屋と二階建てのそれぞれのメリットとデメリット、選ぶ際に注意したいポイントについてご紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

□平屋と二階建てのそれぞれのメリットとデメリットとは

まずは、平屋と二階建てのそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

平屋のメリットは、2つ挙げられます。
1つ目が、家事動線が短くなることです。
平屋であれば、階段の登り降りがありません。
そのため、家事の負担が軽減されます。

2つ目が、家族のコミュニケーションが取りやすいことです。
リビングも各自の部屋も1つのフロアにあるので、家族の気配を感じやすいです。
小さなお子様やご高齢の方がいても常に気にかけておけるので、安心です。

一方で、デメリットは2つあります。
1つ目が、広さや部屋数を増やしづらいということです。
土地が広い場合は、家族が増えても増改築を行いやすいです。
しかし、そのような方ばかりではないでしょう。
部屋を増やしたくなって二階建てに改築使用とすると、1軒を建て直すのと変わらない費用が必要です。

2つ目が、日当たりや風通しが悪い物件もあることです。
二階建ての家が建ち並ぶような住宅街では、日当たりや風通しが悪くなってしまいます。
広い庭を確保できる場合以外は、よく検討しましょう。

続いて、二階建てのメリットを2つ紹介します。
1つ目が、プライバシーを確保しやすいことです。
階段があることでフロアが分けられ、プライバシーを確保しやすいです。
将来的に2世帯住宅にする場合でも、互いに良い距離感を保てます。

2つ目が、コストのメリットが大きいことです。
同じ延べ床面積の家を建てる場合、平屋の方が基礎部分や屋根が広くなります。
そのため、平屋よりも二階建ての方がコストのメリットが大きいといえるでしょう。

一方で、デメリットもあります。
それは、二階がデッドスペースになることです。
高齢者が住んでいる世帯では、将来二階が物置となる可能性があります。
階段をバリアフリーにしても、そもそも活用されないと無駄な出費になってしまうでしょう。

□住宅を選ぶ際に注意したいポイントとは

続いて、選ぶ際に注意したいポイントを紹介します。
1つ目が、土地の広さです。
土地の広さをどの程度確保できるかで住居のタイプが変わります。
土地が狭い場合は、無理に平屋を建てずに二階建てを選ぶと良いでしょう。

2つ目が、予算です。
平屋の方が高いと言われがちですが、オーダーする内容次第では二階建ての方が高くなることもあります。
そのため、予算を明確にして希望の間取りや内装が叶う方を選びましょう。

□まとめ

今回の記事では、平屋と二階建てのそれぞれのメリットとデメリット、選ぶ際に注意したいポイントについてご紹介しました。
平屋が良いか二階建てが良いかは、さまざまな条件に左右されます。
マイホームを建てたいという方は、ぜひ一度当社にご相談ください。