BLOG

スタッフブログ

結露が発生する原因とは?結露しない家にするためのポイントをご紹介!

これから段々と寒くなりますが、家の結露に悩まれている方も多いのではないでしょうか。
結露が結露発生する発生すると、さまざまな問題が発生します。
よって、家づくりの際には結露しないための工夫をすることが大切です。
これから家づくりをされる方はぜひこの記事を参考にしてください。

□家が結露する原因とおは

家が結露する原因として、理由は2つ挙げられるでしょう。

1つ目は、室温と外気の温度差が大きくなってしまうことです。
近年は、家の断熱機能が向上して、家の温度を一定に保つ機能を備えた高気密高断熱住宅が一般的です。
快適な生活にはとても効果的ですが、一方で室内の温度は室外の温度との間に大きな差が生じます。

結露の発生は、空気中の水分が急激に冷やされることが原因です。
そのため、家の断熱機能により室温が高く保たれることで、室外との温度差が大きくなり、結露してしまいます。

2つ目は、室内の湿度が高いことです。
湿度が高い状態は、空気中に含まれる水分が多く、温度変化により液体化しやすくなります。
よって、家の結露が起こりやすい状態となるのです。

また、結露は窓際で発生するイメージをお持ちの方が多いでしょう。
しかし、実は部屋と部屋との間でも結露は発生します。
特に人がいる部屋とそうでない部屋は温度差に注意が必要です。

□結露しない家づくりのポイント

結露をしない家づくりのためにできることを4つご紹介します。

1つ目が、断熱機能を向上させることです。
これは、断熱機能のある窓ガラスにすることが効果的でしょう。
断熱性の高い窓の例として、高断熱複層ガラスや遮熱高断熱複層ガラスがあります。
これらの窓ガラスは、層と層の間が真空になっています。

2つ目が、サッシを二重にするという方法です。
これは、結露を防げるだけでなく防音性も高められるというメリットがあります。

3つ目が、樹脂窓にすることです。
樹脂窓とは、窓枠に樹脂を使った窓です。
結露が発生しやすい枠の部分やかまちを熱伝導性の高いアルミではなく樹脂にすることで、結露対策になります。

4つ目が、調湿機能のある建材を使用することです。
前述した通り湿度が高くなると、結露が生じやすくなります。
そのため、建物に使用する木材などに調湿機能を付けることで湿度の上昇を抑え、結露の発生を防げます。

□まとめ

今回の記事では、結露しない家にするためのポイントをご紹介しました。
結露に悩まれている方は、ぜひこれらの方法を試してみることをおすすめします。
その他にも、家づくりで何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。